株式会社 八紘

塗装のことなら広島の株式会社八紘へ
>
塗装の重要性

塗装の重要性  The importance of painting

 

 

塗装とは、建物の屋根・壁・天井・床などあらゆるところに”化粧(メイク)を施す仕事です。”

塗装イメージ図

 

なぜ塗装するの??

①建物の美観を守るため
  • 無機質な素材を彩ったり、褪色した素材を鮮やかな色に再生することができます。
  • 外観の配色をコーディネートしてイメージを変えることができます。
②建物を保護するため
  • 鉄は錆びないように。
  • 木は腐らないように。
  • コンクリートは劣化しないように。

◎日光や風雨から建物を保護し、長持ちさせることができます。

③建物に特殊機能を付与するため

◎塗装する事により、屋根や壁などに機能を付与し、価値を高めることができます。

  • ホルムアルデヒドを吸着・分解し、室内空間を快適にする。
  • 防カビ性・抗菌性を付与する。
  • 屋根や外壁の遮熱性能を向上させる。など

 

ただし、”塗装工事”は、ペンキを塗るだけの仕事ではありません!!塗装工事は様々な作業工程から成り立っています!!

 

 

養生

 

窓ガラスにペンキが付いて汚れないように、ビニールで“養生”をしています。
ペンキで汚れてはいけない部分には、全てビニールで養生を施します。
塗装工事の基本作業です。

 

下地調整(パテ)

 

継目処理工法(ジョイントパテ)

壁などのボードの継目や、ネジ・釘の穴を“パテ処理”によって、平滑にします。
塗装工事の中でも、高い技術を要する作業工程で、パテの良し悪しで、塗装の仕上りが大きく変わります。
近年では、パテ技術の高い職人が減少しています。

 

下地調査(ケレン作業)

 

サンダー掛け

塗装する前には、必ず汚れや油分、劣化して浮いた塗装を撤去する作業“ケレン”をしなければなりません。この作業工程を怠ると、早期に塗装の剥がれやひび割れ、錆びなどの不具合が出ます。塗装工事にはなくてはならない作業の一つです。

 

塗装(刷毛)

 

“刷毛”を使った塗装方法です。刷毛には様々な形状・大きさのものがあります。塗装する部位が狭かったり、細かったりと、条件に合わせて使い分けをします。

 

下地調査(ローラー)

 

“ローラー”を使った塗装方法です。刷毛と同様に様々な形状・大きさのものがあります。大きい面積の塗装部位には、刷毛よりもローラーの方が作業効率が良くなります。する部位が狭かったり、細かったりと、条件に合わせて使い分けをします。

 

 
塗装(吹付)

“スプレー”を使った塗装方法です。外壁など、大面積の塗装に使用します。 一人で一日数百㎡もの面積を塗装することも可能です。また、刷毛・ローラーよりも早く、キレイに仕上げることができます。

 

 

 これらの作業をプロの塗装職人が行うことで、建物に化粧が施され、新しい機能が付与されていきます。